「ナツアカネ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
1行: 1行:
 
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[ナツアカネ_広島大学東広島キャンパス|ナツアカネ]]</span>
 
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[ナツアカネ_広島大学東広島キャンパス|ナツアカネ]]</span>
  
 +
[[ファイル: 20191016ナツアカネ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_86429s.jpg|200px|thumb|right|成熟したナツアカネの成虫(オス).頭部から腹部まで赤い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2019)]]
 
[[ファイル: 20181027ナツアカネ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_24077s.JPG|200px|thumb|right|ナツアカネ成虫(オス).名前に「ナツ」と付くものの,晩秋まで見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 27, 2018)]]
 
[[ファイル: 20181027ナツアカネ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_24077s.JPG|200px|thumb|right|ナツアカネ成虫(オス).名前に「ナツ」と付くものの,晩秋まで見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 27, 2018)]]
 
[[ファイル: 20191007ナツアカネ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_80812s.jpg|200px|thumb|right|成熟したナツアカネの成虫(メス).アキアカネのメスに似るが,胸部側面の黒条が角ばる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 7, 2019)]]
 
[[ファイル: 20191007ナツアカネ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_80812s.jpg|200px|thumb|right|成熟したナツアカネの成虫(メス).アキアカネのメスに似るが,胸部側面の黒条が角ばる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 7, 2019)]]

2019年10月19日 (土) 20:18時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ナツアカネ

成熟したナツアカネの成虫(オス).頭部から腹部まで赤い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2019)
ナツアカネ成虫(オス).名前に「ナツ」と付くものの,晩秋まで見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 27, 2018)
成熟したナツアカネの成虫(メス).アキアカネのメスに似るが,胸部側面の黒条が角ばる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 7, 2019)

目次

ナツアカネ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Sympetrum darwinianum

分類

  • トンボ科 Libellulidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.海外では,朝鮮半島,中国,ロシア(極東).

解説

  • 全国的に広く分布するが,地域によっては減少傾向にある.
  • オスは成熟すると体全体が赤く色づく.
  • アキアカネなどと酷似するが,本種は胸部の黒色条の先端が四角く断ち切られる.
  • 東広島キャンパスでの個体数はふつう.

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ナツアカネ