「ナゴヤダルマガエル」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(他の1人の利用者による、間の11版が非表示)
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/digital.htm 広島大学デジタル博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/ デジタル自然史博物館]</span>
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県のカエル]] > [[ナゴヤダルマガエル]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
 +
 
  
[[ファイル:20150802ダルマガエル世羅郡世羅町池田撮影IMG_3015.JPG|200px|thumb|right|福山市神辺町から導入されたナゴヤダルマガエル.背面に背中線がなく,大きな斑紋があるのが特徴.後肢は短く,腹面には雲状紋がある.(世羅郡世羅町; 撮影: 池田誠慈, Aug. 2, 2015)]]
 
 
[[ファイル:20150802ダルマガエル背面世羅郡世羅町池田撮影IMG_3022.JPG|200px|thumb|right|福山市神辺町から導入されたナゴヤダルマガエル.背面の中央に背中線がない.背面には大きな斑紋がある.後肢は短い.(世羅郡世羅町; 撮影: 池田誠慈, Aug. 2, 2015)]]
 
[[ファイル:20150802ダルマガエル背面世羅郡世羅町池田撮影IMG_3022.JPG|200px|thumb|right|福山市神辺町から導入されたナゴヤダルマガエル.背面の中央に背中線がない.背面には大きな斑紋がある.後肢は短い.(世羅郡世羅町; 撮影: 池田誠慈, Aug. 2, 2015)]]
 +
[[ファイル:20150802ダルマガエル側面世羅郡世羅町池田撮影IMG_3021.JPG|200px|thumb|right|福山市神辺町から導入されたナゴヤダルマガエル(側面).(世羅郡世羅町; 撮影: 池田誠慈, Aug. 2, 2015)]]
 +
[[ファイル:20150802ダルマガエル腹面世羅郡世羅町池田撮影IMG_3018.JPG|200px|thumb|right|福山市神辺町から導入されたナゴヤダルマガエル.腹面には点状紋がある.(世羅郡世羅町; 撮影: 池田誠慈, Aug. 2, 2015)]]
 +
  
 
= ナゴヤダルマガエル ''Pelophylax porosus brevipodus'' =
 
= ナゴヤダルマガエル ''Pelophylax porosus brevipodus'' =
18行目: 21行目:
  
 
== 解説 ==
 
== 解説 ==
 +
* 本亜種は,東海地方から瀬戸内海沿岸に分布する.関東平野,仙台平野,新潟県と長野県の一部には基亜種トウキョウダルマガエル ''Rana porosa porosa''が分布している.
 +
* 本亜種は,岡山県を中心に瀬戸内海沿岸に分布する岡山種族と愛知県を中心に中部地方南部と東海地方に分布する名古屋種族に大別されている.
 +
* 広島県は本亜種の西限にあたる.1970年頃までは福山市,神辺町,府中市,三原市にも生息していたが,1991年に三次市吉舎町安田,1999年に福山市神辺町道上,2006年に三次市吉舎町海田原の3か所で確認されているのみで,現在は三次市吉舎町海田原が唯一の野生生息地となっている.
 +
* 背中に背中線がなく,黒褐色の円い大きな斑紋が特徴的.腹面に点状紋がある.
 +
* 近年まで[[トノサマガエル]]と混同されてきたが,[[トノサマガエル]]とは背中線がないことや腹面に点状紋があることで区別できる.
 +
* 幼生(オタマジャクシ)の尾びれには網目状の斑紋がある.
 +
* 現在は地域での保護活動や域外保全が進められている.
  
 
== 天然記念物・RDB ==
 
== 天然記念物・RDB ==
32行目: 42行目:
 
=== 広島県方言 ===
 
=== 広島県方言 ===
 
* なし
 
* なし
 +
 +
==ギャラリー==
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル:20150802ダルマガエル世羅郡世羅町池田撮影IMG_3015.JPG|200px|thumb|right|福山市神辺町から導入されたナゴヤダルマガエル.背面に背中線がなく,大きな斑紋があるのが特徴.後肢は短く,腹面には点状紋がある.(世羅郡世羅町; 撮影: 池田誠慈, Aug. 2, 2015)
 +
ファイル: 19940522ナゴヤダルマガエル_双三郡吉舎町_大川撮影_ダルマガエル3.JPG|200px|thumb|right|ナゴヤダルマガエル成体.(広島県三次市吉舎町(当時は広島県双三郡吉舎町); 撮影: 大川博志, May 22, 1994)
 +
</gallery>
  
 
== 備考 ==
 
== 備考 ==
 
* [[広島県のカエル]]
 
* [[広島県のカエル]]
  
== 文献(引用) ==
+
== 参考文献 ==
* 前田憲男・松井正文. 1999. 改訂版 日本カエル図鑑. 233 pp. 文一総合出版, 東京. ISBN 978-4829921302.
+
* 比婆科学教育振興会(編).  1996.  広島県の両生・爬虫類.  168 pp.  中国新聞社, 広島.
* 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島. ISBN 978-4885172298.
+
* 国領康弘.  1979.  ダルマガエル.  千石正一(編), 原色両生・爬虫類, p. 145.  家の光協会, 東京.
 +
* 内藤順一.  2014.  広島県におけるナゴヤダルマガエルの現況.  比婆科学 249: 1-17.
 +
* 前田憲男・松井正文. 1999. 改訂版 日本カエル図鑑. 233 pp. 文一総合出版, 東京.
 +
* 松井正文・関 慎太郎. 2008. カエル・サンショウウオ・イモリのオタマジャクシハンドブック. 79 pp. 文一総合出版, 東京.
  
 
== 更新履歴 ==
 
== 更新履歴 ==
 
* 2015.08.03 ページ作成.
 
* 2015.08.03 ページ作成.
 
+
* 2015.12.11 参考文献追加.
 +
* 2016.02.22 解説追加.
 
----
 
----
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/ 動物] / [[郷土の動物|郷土の動物]] / [[郷土の動物/カエル|カエル]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県のカエル]] > [[ナゴヤダルマガエル]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] にもどる</span>
  
 
[[Category:動物]]
 
[[Category:動物]]
55行目: 75行目:
 
[[Category:アカガエル科]]
 
[[Category:アカガエル科]]
 
[[Category:広島県]]
 
[[Category:広島県]]
 +
[[Category:標準和名]]
 +
[[Category:RDB]]

2020年11月20日 (金) 13:52時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県のカエル > ナゴヤダルマガエル | 広島県の動物図鑑 / 和名順


福山市神辺町から導入されたナゴヤダルマガエル.背面の中央に背中線がない.背面には大きな斑紋がある.後肢は短い.(世羅郡世羅町; 撮影: 池田誠慈, Aug. 2, 2015)
福山市神辺町から導入されたナゴヤダルマガエル(側面).(世羅郡世羅町; 撮影: 池田誠慈, Aug. 2, 2015)
福山市神辺町から導入されたナゴヤダルマガエル.腹面には点状紋がある.(世羅郡世羅町; 撮影: 池田誠慈, Aug. 2, 2015)


ナゴヤダルマガエル Pelophylax porosus brevipodus

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 両生綱 Amphibia > 無尾目 Anura > アカガエル科 Ranidae > トノサマガエル属 Pelophylax > ダルマガエル Pelophylax porosus > ナゴヤダルマガエル Pelophylax porosus brevipodus

解説

  • 本亜種は,東海地方から瀬戸内海沿岸に分布する.関東平野,仙台平野,新潟県と長野県の一部には基亜種トウキョウダルマガエル Rana porosa porosaが分布している.
  • 本亜種は,岡山県を中心に瀬戸内海沿岸に分布する岡山種族と愛知県を中心に中部地方南部と東海地方に分布する名古屋種族に大別されている.
  • 広島県は本亜種の西限にあたる.1970年頃までは福山市,神辺町,府中市,三原市にも生息していたが,1991年に三次市吉舎町安田,1999年に福山市神辺町道上,2006年に三次市吉舎町海田原の3か所で確認されているのみで,現在は三次市吉舎町海田原が唯一の野生生息地となっている.
  • 背中に背中線がなく,黒褐色の円い大きな斑紋が特徴的.腹面に点状紋がある.
  • 近年までトノサマガエルと混同されてきたが,トノサマガエルとは背中線がないことや腹面に点状紋があることで区別できる.
  • 幼生(オタマジャクシ)の尾びれには網目状の斑紋がある.
  • 現在は地域での保護活動や域外保全が進められている.

天然記念物・RDB

  • 環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧IB類 (EN)
  • 広島県RDBカテゴリ(2011):絶滅危惧I類 (CR+EN)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ダルマ

英名

  • Nagoya daruma pond frog

広島県方言

  • なし

ギャラリー

備考

参考文献

  • 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島.
  • 国領康弘. 1979. ダルマガエル. 千石正一(編), 原色両生・爬虫類, p. 145. 家の光協会, 東京.
  • 内藤順一. 2014. 広島県におけるナゴヤダルマガエルの現況. 比婆科学 249: 1-17.
  • 前田憲男・松井正文. 1999. 改訂版 日本カエル図鑑. 233 pp. 文一総合出版, 東京.
  • 松井正文・関 慎太郎. 2008. カエル・サンショウウオ・イモリのオタマジャクシハンドブック. 79 pp. 文一総合出版, 東京.

更新履歴

  • 2015.08.03 ページ作成.
  • 2015.12.11 参考文献追加.
  • 2016.02.22 解説追加.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県のカエル > ナゴヤダルマガエル | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる