「シロオビアワフキ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
34行: 34行:
 
[[Category:広島大学の自然]]
 
[[Category:広島大学の自然]]
 
[[Category:広島大学]]
 
[[Category:広島大学]]
[[Category:広島大学植物園]]
+
[[Category:東広島植物園]]
 
[[Category:A]]
 
[[Category:A]]
 
[[Category:シ]]
 
[[Category:シ]]

2019年12月18日 (水) 15:51時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > シロオビアワフキ

シロオビアワフキ成虫.天敵が迫ると,弾けるように跳んで逃げる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 24, 2018)

目次

シロオビアワフキ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Aphrophora intermrdia

分類

  • アワフキムシ科 Cercopoidea

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 前翅に白い帯が見られるアワフキムシ.
  • 幼虫成虫ともに様々な植物の汁を吸う.
  • 幼虫は排泄物をかき混ぜて作った泡状の巣に身を包み,姿を隠す.
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > シロオビアワフキ