「サトクダマキモドキ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
1行目: 1行目:
 
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[サトクダマキモドキ_広島大学東広島キャンパス|サトクダマキモドキ]]</span>
 
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[サトクダマキモドキ_広島大学東広島キャンパス|サトクダマキモドキ]]</span>
  
 +
[[ファイル: 20200923サトクダマキモドキ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_142946s2.jpg|200px|thumb|right|サトクダマキモドキの成虫(オス).前脚の腿節が赤褐色にならない個体が多い(稀に色づく個体もいるため注意).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 23, 2020)]]
 
[[ファイル: 20180809サトクダマキモドキ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_16090s.JPG|200px|thumb|right|サトクダマキモドキ成虫(メス).見えにくいが,産卵管がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 9, 2018)]]
 
[[ファイル: 20180809サトクダマキモドキ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_16090s.JPG|200px|thumb|right|サトクダマキモドキ成虫(メス).見えにくいが,産卵管がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 9, 2018)]]
 
[[ファイル: 20180720サトクダマキモドキ亜終齢幼虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_15802s.JPG|200px|thumb|right|葉の上で静止するサトクダマキモドキ亜終齢幼虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 20, 2018)]]
 
[[ファイル: 20180720サトクダマキモドキ亜終齢幼虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_15802s.JPG|200px|thumb|right|葉の上で静止するサトクダマキモドキ亜終齢幼虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 20, 2018)]]

2020年10月1日 (木) 13:41時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > サトクダマキモドキ

サトクダマキモドキの成虫(オス).前脚の腿節が赤褐色にならない個体が多い(稀に色づく個体もいるため注意).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 23, 2020)
サトクダマキモドキ成虫(メス).見えにくいが,産卵管がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 9, 2018)
葉の上で静止するサトクダマキモドキ亜終齢幼虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 20, 2018)

サトクダマキモドキ

和名

学名

  • Holochlora japonica

分類

  • キリギリス科 Tettigoniidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 大型のツユムシ.
  • 平地から丘陵地にかけて生息する.
  • 成虫はアカメガシワの葉上で見られることが多い.
  • ヤマクダマキモドキとの主な違いは前脚が赤く色づいていないことである.
  • キャンパス内での個体数はふつう.

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > サトクダマキモドキ