「ゲホウグモ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
1行目: 1行目:
 
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[ゲホウグモ_広島大学東広島キャンパス|ゲホウグモ]]</span>
 
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[ゲホウグモ_広島大学東広島キャンパス|ゲホウグモ]]</span>
  
 +
[[ファイル: 20201016ゲホウグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_159912s.jpg|200px|thumb|right|ゲホウグモの成体(メス).広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2020)]]
 
[[ファイル: 20190711ゲホウグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_66931s.jpg|200px|thumb|right|ゲホウグモの成体(メス).歩脚の腿節は艶があり暗赤色.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2019)]]
 
[[ファイル: 20190711ゲホウグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_66931s.jpg|200px|thumb|right|ゲホウグモの成体(メス).歩脚の腿節は艶があり暗赤色.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2019)]]
 
[[ファイル: 20200628ゲホウグモ成体_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_128100s.jpg|200px|thumb|right|ゲホウグモの成体(メス).日中は枝などの先で脚を折り畳み,擬態している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 28, 2020)]]
 
[[ファイル: 20200628ゲホウグモ成体_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_128100s.jpg|200px|thumb|right|ゲホウグモの成体(メス).日中は枝などの先で脚を折り畳み,擬態している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 28, 2020)]]

2020年10月22日 (木) 23:07時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ゲホウグモ

ゲホウグモの成体(メス).広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2020)
ゲホウグモの成体(メス).歩脚の腿節は艶があり暗赤色.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2019)
ゲホウグモの成体(メス).日中は枝などの先で脚を折り畳み,擬態している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 28, 2020)

ゲホウグモ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ゲホウグモ

学名

  • Poltys illepidus

分類

  • コガネグモ科 Araneidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 夏に成体が出現する.
  • 平地から山地にかけての様々な緑地に見られ,夜になると樹間に網を張る.
  • 横糸の間隔がオニグモなどに比べて狭い.
  • 日中は枝の切れ端などに脚を縮めて静止する.
  • 東広島キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献

  • 新海 栄一. 2017. 増補改訂版日本のクモ. 408 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ゲホウグモ