クワカミキリ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
2020年8月10日 (月) 18:59時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クワカミキリ

イチジクの枝を齧るクワカミキリの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 28, 2020)
クワカミキリの成虫.(広島県東広島市, Sep. 3, 2004)

クワカミキリ

和名

学名

  • Apriona japonica

分類

  • カミキリムシ科 Cerambycidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 黒と白のまだら模様の触角を持つ.
  • 鞘翅の上部に黒い粒状の突起が並ぶ.
  • マグワイチジクなどの茎を食べ,幼虫はそれらの生木の中で育つ.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献

  • 鈴木知之・斉藤 博. 2017. 新カミキリムシハンドブック. 128 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クワカミキリ