クロウリハムシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年2月12日 (火) 22:33時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クロウリハムシ

交尾中のクロウリハムシ(成虫)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 16, 2018)

目次

クロウリハムシ

和名

学名

  • Aulacophora nigripinnis

分類

  • ハムシ科 Chrysomelidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • カラスウリなどウリ科の植物を食草とするが,ほかの様々な植物の葉も食べる.
  • 葉を円形に齧って植物の防御物質を遮断するトレンチ行動を行い,それから円内の葉を食べる.
  • 東広島キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クロウリハムシ