「キトンボ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
 
2行: 2行:
  
 
[[ファイル:20181017キトンボ成虫オス_東広島市鏡山_鮫島撮影_DSCN0818s.JPG|200px|thumb|right|キトンボ成虫(オス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 鮫島裕貴, Oct. 17, 2018)]]
 
[[ファイル:20181017キトンボ成虫オス_東広島市鏡山_鮫島撮影_DSCN0818s.JPG|200px|thumb|right|キトンボ成虫(オス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 鮫島裕貴, Oct. 17, 2018)]]
 +
[[ファイル: 20191123キトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_89423s.jpg|200px|thumb|right|キトンボの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 23, 2019)]]
 
[[ファイル: 20181027キトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_24014s.JPG|200px|thumb|right|キトンボ成虫(オス).全国各地で個体数が減少している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 27, 2018)]]
 
[[ファイル: 20181027キトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_24014s.JPG|200px|thumb|right|キトンボ成虫(オス).全国各地で個体数が減少している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 27, 2018)]]
 
[[ファイル: 20191004キトンボ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_80319s.jpg|200px|thumb|right|キトンボの成虫(メス).メスは腹部の先の産卵弁が下方に突き出ている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 4, 2019)]]
 
[[ファイル: 20191004キトンボ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_80319s.jpg|200px|thumb|right|キトンボの成虫(メス).メスは腹部の先の産卵弁が下方に突き出ている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 4, 2019)]]

2019年11月24日 (日) 14:12時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > キトンボ

キトンボ成虫(オス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 鮫島裕貴, Oct. 17, 2018)
キトンボの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 23, 2019)
キトンボ成虫(オス).全国各地で個体数が減少している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 27, 2018)
キトンボの成虫(メス).メスは腹部の先の産卵弁が下方に突き出ている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 4, 2019)

目次

キトンボ

和名

学名

  • Sympetrum croceolum

分類

  • トンボ科 Libellulidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州

解説

  • 平地~丘陵地の湖沼に生息し,岸辺が露出した環境を好む.
  • オスメスともに翅の大部分が橙黄色に色づいている.
  • オスは腹部の背面が赤く色づく.
  • 東広島キャンパス内での個体数はふつう.

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > キトンボ