「ガマ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
5行: 5行:
 
== シノニム ==
 
== シノニム ==
 
=== その他 ===
 
=== その他 ===
 +
* ''Typha'' ''latifolia'' Linn.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)
  
 
== 分類 ==
 
== 分類 ==
34行: 35行:
  
 
== 文献(出典)==
 
== 文献(出典)==
# 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編).  1997.  広島県植物誌.  Pp. 832.  中国新聞社, 広島.
+
* 河毛(1974),関ほか(1975),安藤ほか(1977),渡辺(1977),土井(1983),渡辺ほか(1996),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)
# 河毛 1974
+
# 関ほか 1975
+
# 安藤ほか 1977
+
# 渡辺 1977
+
# 土井 1983
+
# 渡辺ほか 1996
+
 
----
 
----
 
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
 
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる

2010年8月7日 (土) 16:55時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ガマ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ガマ Typha latifolia L.

シノニム

その他

  • Typha latifolia Linn.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > ガマ科 Typhaceae > ガマ属 Typha

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 福山市中津原(yy-9707),戸河内町横川(yy-11571),広島市古川(rn-8886),府中町草摺滝(yw-4527),呉市石内(hh-6223),三良坂町灰塚(kk-1529),安浦町塩谷(yy-12541),大和町下徳良(sf-2317),御調町大塔(yk-3737),世羅町有美(ns-1536),世羅西町小国(ns-310),黒瀬町岡郷(sy-437),上蒲刈町(mh-11407),神石郡三和町桑木(yk-10561)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 73700

文献(出典)

  • 河毛(1974),関ほか(1975),安藤ほか(1977),渡辺(1977),土井(1983),渡辺ほか(1996),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる