「カヤキリ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
44行: 44行:
 
[[Category:キリギリス科]]
 
[[Category:キリギリス科]]
 
[[Category:広島県]]
 
[[Category:広島県]]
 +
[[Category:RDB]]

2020年8月15日 (土) 23:19時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カヤキリ

ススキにとまるカヤキリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 11, 2020)
カヤキリの成虫(オス).頭頂はやや尖るが,クビキリギスほどではない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 11, 2020)

目次

カヤキリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Pseudorhynchus japonicus

分類

  • キリギリス科 Tettigoniidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 日本最大級のキリギリス.
  • 丈の高いススキヨシなどのイネ科群落で見られる.
  • 盛夏~晩夏に「ジャーーー」と大変大きな音で長く単調に鳴く.
  • 同時期に出現するクサキリに似るが本種の方が明らかに大型で,頭頂がやや尖る(しかしクビキリギスほど顕著ではない).
  • キャンパス内での個体数は少なく,一部のポイントでしか見ることができない.

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カヤキリ