カスミザクラ 廣島大學櫻曼荼羅

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年4月20日 (土) 23:39時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 廣島大學櫻曼荼羅‎ > カスミザクラ

カスミザクラ(霞桜)の花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 12, 2019)
カスミザクラ(霞桜)の花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 19, 2019)
カスミザクラ(霞桜)の花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 9, 2019)
カスミザクラの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 25, 2017)
カスミザクラの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 10, 2018)
カスミザクラ(広島県東広島市 広島大学東広島キャンパス; 撮影: 青山幹男)
カスミザクラのがく片.やや三角形を帯びた楕円形で,縁には鋸歯がないか,あっても少数で鈍い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 10, 2018)
カスミザクラのがく筒.細い筒状のつりがね形でやや丸みがある.小花柄には開いた短い毛がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 10, 2018)
カスミザクラ(霞桜)の花芽(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Mar. 27, 2019)

目次

カスミザクラ Cerasus leveilleana (Koehne) H.Ohba

カスミザクラ(Kasumi-zakura 霞桜):C. leveilleana (Koehene) H. Ohba

野生種(北海道~九州に自生).4月中旬~5月に開花.ヤマザクラに比べて開花が遅い.一重.花弁は白色.葉の展開と同時に開花し,若葉は緑褐色.葉身は倒卵形で,葉の裏面に毛はなく緑色,葉柄や花柄に毛がある個体が多い.

シノニム synonym

  • Cerasus serrulata (Lindl.) G.Don var. pubescens sensu T.T.Yü & C.L.Li
  • Cerasus verecunda (Koidz.) H.Ohba
  • Cerasus verecunda (Koidz.) H.Ohba f. pubipes (H.Hara) H.Ohba
  • Prunus leveilleana Koehne
  • Prunus sargentii Rehder var. verecunda (Koidz.) C.S.Chang
  • Prunus serrulata Lindl. var. pubescens (Makino) Nakai
  • Prunus verecunda (Koidz.) Koehne
  • Prunus verecunda (Koidz.) Koehne f. tomentella (Nakai) Kubota & Moriya
  • Prunus verecunda (Koidz.) Koehne var. pubipes H.Hara

解説

  • 野生種(ヤマザクラ群野生種)
  • 自生

広島大学内での生育場所

  • 生態実験園ほか(東広島キャンパス)

由来

関連ページ

カスミザクラ(霞桜)

基本データ

標準和名
カスミザクラ
漢字
霞桜
開花期
4月中旬
白色
花弁数
一重
サイズ
高木
樹形
場所
自然林
本数
40

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 廣島大學櫻曼荼羅‎ > カスミザクラ