「オビカレハ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
2行目: 2行目:
  
 
  [[ファイル: 20190509オビカレハ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_50121s.jpg|200px|thumb|right|オビカレハの幼虫.顔面は青く一対の黒斑がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 9, 2019)]]
 
  [[ファイル: 20190509オビカレハ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_50121s.jpg|200px|thumb|right|オビカレハの幼虫.顔面は青く一対の黒斑がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 9, 2019)]]
 +
[[ファイル: 20200502オビカレハ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_115055s.jpg|200px|thumb|right|オビカレハの若齢幼虫.若齢幼虫は密集する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 2, 2020)]]
  
 
=オビカレハ(広島大学東広島キャンパス)=
 
=オビカレハ(広島大学東広島キャンパス)=

2020年12月3日 (木) 18:02時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オビカレハ

オビカレハの幼虫.顔面は青く一対の黒斑がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 9, 2019)
オビカレハの若齢幼虫.若齢幼虫は密集する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 2, 2020)

オビカレハ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Malacosoma neustria

分類

  • カレハガ科 Lasiocampidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 翅は淡褐色で,中心部に茶褐色の帯が入る,.
  • 幼虫は様々な広葉樹の葉を食べる.
  • 幼虫の体毛に毒はない.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オビカレハ