「オオカマキリ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
5行: 5行:
 
[[ファイル: 20181026トノサマバッタを食べるオオカマキリ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_23894s.JPG|200px|thumb|right|トノサマバッタを食べるオオカマキリの成虫(メス).暴れるトノサマバッタに振り回されながらも,オオカマキリは獲物を決して離さなかった.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 26, 2018)]]
 
[[ファイル: 20181026トノサマバッタを食べるオオカマキリ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_23894s.JPG|200px|thumb|right|トノサマバッタを食べるオオカマキリの成虫(メス).暴れるトノサマバッタに振り回されながらも,オオカマキリは獲物を決して離さなかった.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 26, 2018)]]
 
[[ファイル:20181016オオカマキリ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_23191s.JPG|200px|thumb|right|オスを捕食するオオカマキリの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2018)]]
 
[[ファイル:20181016オオカマキリ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_23191s.JPG|200px|thumb|right|オスを捕食するオオカマキリの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2018)]]
[[ファイル:20181207オオカマキリ卵鞘_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_30779s.JPG|250px|thumb|right|オオカマキリの卵鞘.大きく丸みを帯びた形をしており,植物の枝や茎などに産み付けられることが多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Dec. 7, 2018)]]
+
[[ファイル:20181207オオカマキリ卵鞘_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_30779s.JPG|200px|thumb|right|オオカマキリの卵鞘.大きく丸みを帯びた形をしており,植物の枝や茎などに産み付けられることが多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Dec. 7, 2018)]]
  
 
=オオカマキリ(広島大学東広島キャンパス)=
 
=オオカマキリ(広島大学東広島キャンパス)=

2018年12月7日 (金) 16:29時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オオカマキリ

褐色型のオオカマキリ成虫のオス.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 28, 2018)
緑色型のオオカマキリの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 27, 2018)
トノサマバッタを食べるオオカマキリの成虫(メス).暴れるトノサマバッタに振り回されながらも,オオカマキリは獲物を決して離さなかった.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 26, 2018)
オスを捕食するオオカマキリの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2018)
オオカマキリの卵鞘.大きく丸みを帯びた形をしており,植物の枝や茎などに産み付けられることが多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Dec. 7, 2018)

目次

オオカマキリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Tenodera aridifolia

分類

  • カマキリ科 Mantidae

分布

  • 北海道(移入分布の可能性あり),本州,四国,九州.

解説

  • 日本最大級のカマキリ.
  • チョウセンカマキリによく似るが,本種のほうが大型で,前脚の付け根の色は淡い黄色,後翅の色は紫がかっている.
  • 林縁の草むらや樹木上でよく見られる.
  • 虫のみならず,トカゲやカエルまで捕食することがある.
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オオカマキリ