「エゾビタキ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
3行目: 3行目:
 
[[ファイル:20181012エゾビタキ01_東広島市鏡山_岡崎賢二撮影_IMG_8449as.JPG|200px|thumb|right|エゾビタキ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岡崎賢二, Oct. 12, 2018)]]
 
[[ファイル:20181012エゾビタキ01_東広島市鏡山_岡崎賢二撮影_IMG_8449as.JPG|200px|thumb|right|エゾビタキ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岡崎賢二, Oct. 12, 2018)]]
 
[[ファイル:20181012エゾビタキ02_東広島市鏡山_岡崎賢二撮影_IMG_8499as.JPG|200px|thumb|right|エゾビタキ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岡崎賢二, Oct. 12, 2018)]]
 
[[ファイル:20181012エゾビタキ02_東広島市鏡山_岡崎賢二撮影_IMG_8499as.JPG|200px|thumb|right|エゾビタキ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岡崎賢二, Oct. 12, 2018)]]
 +
[[ファイル: 20200927エゾビタキ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_143898s.jpg|200px|thumb|right|エゾビタキ.胸から腹にかけては白地で,明瞭な縦斑紋をもつ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)]]
 
[[ファイル:エゾビタキ廿日市市宮島町熊谷美登撮影photo019L512.jpg|200px|thumb|right|エゾビタキ(廿日市市宮島町; 撮影: 熊谷美登)]]
 
[[ファイル:エゾビタキ廿日市市宮島町熊谷美登撮影photo019L512.jpg|200px|thumb|right|エゾビタキ(廿日市市宮島町; 撮影: 熊谷美登)]]
  

2020年10月1日 (木) 13:18時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > エゾビタキ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

エゾビタキ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岡崎賢二, Oct. 12, 2018)
エゾビタキ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岡崎賢二, Oct. 12, 2018)
エゾビタキ.胸から腹にかけては白地で,明瞭な縦斑紋をもつ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)
エゾビタキ(廿日市市宮島町; 撮影: 熊谷美登)

エゾビタキ Muscicapa griseisticta

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > スズメ目 Passeriformes > ヒタキ科 Muscicapidae > サメビタキ属 Muscicapa > エゾビタキ Muscicapa griseisticta

解説

  • 日本では繁殖せず,秋と春の渡りの時期に旅鳥として通過する.
  • 広島県内では,秋季の記録はあるが春季の報告がなく,本県は春のコースから外れていると考えられている.
  • 宮島のエゾビタキも参照.

分布・産地・天然記念物

分布

  • カムチャッカ半島~中国東北部(繁殖),フィリピン・ニューギニア(越冬)

産地

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • spot-breasted flycatcher

広島県方言

備考

関連ページ

参考文献

  • 宮島町教育委員会(編). 1999. 宮島の野鳥. 176 pp. 宮島町, 宮島町.
  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.
  • 日本野鳥の会広島県支部(編著). 2002. ひろしま野鳥図鑑, 増補改訂版. 267 pp. 中国新聞社, 広島.

更新履歴

  • 2017.01.08 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > エゾビタキ | 広島県の動物図鑑 / 和名順