「ウラジロチチコグサ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
(備考)
 
(1人の利用者による、間の2版が非表示)
1行: 1行:
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[ウラジロチチコグサ] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[ウラジロチチコグサ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
 +
 
 +
[[ファイル:20190621ウラジロチチコグサ花_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_45660s.JPG|200px|thumb|right|ウラジロチチコグサの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jun. 21, 2019)]]
  
 
= ウラジロチチコグサ ''Gamochaeta coarctata'' (Willd.) Kerguélen=
 
= ウラジロチチコグサ ''Gamochaeta coarctata'' (Willd.) Kerguélen=
41行: 43行:
  
 
== 文献(出典)==
 
== 文献(出典)==
* 松井(2004),広島市植物公園(2004),[[世羅ほか_2010|世羅ほか(2010)]]
+
* 松井(2004),世羅ほか(2007),[[世羅ほか_2010|世羅ほか(2010)]]
 
----
 
----
 
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
 
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
51行: 53行:
 
[[Category:維管束植物]]
 
[[Category:維管束植物]]
 
[[Category:被子植物]]
 
[[Category:被子植物]]
 +
[[Category:双子葉植物]]
 
[[Category:キク科]]
 
[[Category:キク科]]

2019年6月27日 (木) 22:42時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ウラジロチチコグサ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ウラジロチチコグサの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jun. 21, 2019)

目次

ウラジロチチコグサ Gamochaeta coarctata (Willd.) Kerguélen

シノニム

  • Gamochaeta spicata (Klatt) A.L.Cabrera
  • Gnaphalium spicatum Lam.(世羅ほか2010)
  • Gnaphalium coarctatum Willd.

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > キク科 Asteraceae > ハハコグサ属 Gnaphalium

解説

  • 南アメリカ原産で,2000年頃から沿岸部や島嶼部の攪乱地に急速に広がっている.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 江田島町(km-10421),倉橋町(km-11376),広島市東区(km-10450),広島市中区(km-11147),宮島町(HIRO-MY-25375),大竹市(HIRO-MY-30298)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード:57922
  • 帰化

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる