イワネコノメソウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2012年7月2日 (月) 12:45時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > イワネコノメソウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

イワネコノメソウ Chrysosplenium echinus Maxim.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ユキノシタ科 Saxifragaceae > ネコノメソウ属 Chrysosplenium

解説

  • チシマネコノメソウによく似るが,葉の鋸歯の形態や,花時の根生葉の有無などで区別される.県西部のブナ林内を流れる谷川沿いや湧水があるような湿潤な環境に生育しているが希である.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 吉和村(hbg-17579)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード:

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる