「アリグモ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
3行: 3行:
 
[[ファイル: 20180511アリグモ成体オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_9640s.JPG|200px|thumb|right|正面から見たアリグモ成体(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 11, 2018)]]
 
[[ファイル: 20180511アリグモ成体オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_9640s.JPG|200px|thumb|right|正面から見たアリグモ成体(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 11, 2018)]]
 
[[ファイル: 20180511アリグモ成体オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_9644s.JPG|200px|thumb|right|アリグモ成体(オス).オスは上顎が大きく発達している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 11, 2018)]]
 
[[ファイル: 20180511アリグモ成体オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_9644s.JPG|200px|thumb|right|アリグモ成体(オス).オスは上顎が大きく発達している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 11, 2018)]]
 +
[[ファイル: 20190612アリグモ成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_56064s.jpg|200px|thumb|right|アリグモの成体(メス).メスは上顎が小さいためよりアリに見える.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 12, 2019)]]
  
 
=アリグモ(広島大学東広島キャンパス)=
 
=アリグモ(広島大学東広島キャンパス)=

2019年10月17日 (木) 23:00時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アリグモ

正面から見たアリグモ成体(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 11, 2018)
アリグモ成体(オス).オスは上顎が大きく発達している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 11, 2018)
アリグモの成体(メス).メスは上顎が小さいためよりアリに見える.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 12, 2019)

目次

アリグモ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Myrmarachne japonica

分類

  • ハエトリグモ科 Salticidae

分布

  • 日本全国.

解説

  • アリに擬態しているクモである.
  • オスは上顎が大きく発達しており,頭胸部と同じ程度の長さである.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献

須黒達巳. 2017. ハエトリグモハンドブック. 144 pp. 文一総合出版, 東京.


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アリグモ