アブラゼミ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2017年8月30日 (水) 23:39時点におけるStudent01 (トーク | 投稿記録)による版

移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アブラゼミ

アブラゼミの成虫(オス).翅が褐色である点から他のセミと見分けられる.東広島キャンパスでは広く見られ7月頃から鳴き始める.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 22, 2016)
アブラゼミ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 21, 2017)

目次

アブラゼミ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Graptopsaltria nigrofuscata

分類

  • セミ科 Cicadidae

分布

  • 日本(北海道から九州),中国,朝鮮半島

解説

  • 翅は不透明であり,褐色.
  • 東広島キャンパスでは,7月から鳴き始める.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アブラゼミ