アカタテハ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年7月18日 (日) 10:35時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アカタテハ

アカタテハの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Mar. 31, 2021)
アカタテハの幼虫の巣.イラクサ科の葉を数枚使って袋状の巣を作る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 12, 2021)

アカタテハ

和名

学名

  • Vanessa indica

分類

  • タテハチョウ科 Nymphalidae

分布

  • 日本全国.

解説

  • 明るい農地や草地で見られる,鮮やかな橙色と黒のコントラストが美しいチョウ.
  • 昼間敏捷に飛翔し,ノアザミセイタカアワダチソウで吸蜜する.
  • 後翅裏の眼状紋は目立たない.
  • ヒメアカタテハに似るが,本種のほうがやや大型で後翅の橙色部が外縁のみであることで識別できる.
  • 幼虫の食草はカラムシメヤブマオなどのイラクサ科で,それらの葉を綴って袋状の巣を作る.
  • キャンパス内での個体数は少ないが,秋には見られる頻度が高くなる.

ギャラリー

備考

参考文献

  • 日本チョウ類保全協会(編). 2012. フィールドガイド 日本のチョウ. 327 pp. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アカタテハ