アオメアブ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
2020年10月1日 (木) 20:58時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アオメアブ

イネ科植物の葉にとまるアオメアブ(成虫).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 12, 2018)
アオメアブ成虫.細い枝や葉にしがみつくようにしてとまることが多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 20, 2018)
アオメアブの成虫.夕暮れに草地で多く見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2019)

アオメアブ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Cophinopoda chinensis

分類

  • ムシヒキアブ科 Asilidae

分布

  • 日本全国.

解説

  • 複眼が鮮やかな大型のムシヒキアブ.
  • 草地に多く見られ,トンボや小型のコガネムシなどを襲って捕食する.
  • 幼虫は地中に生息し,コガネムシ類の幼虫を捕食する.
  • 成虫は6-9月の夏季に見られる.
  • シオヤアブとともに夏の草原や林縁でよく見られるムシヒキアブ.
  • 複眼の色は光線の加減によって赤色や緑色に変化する.
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アオメアブ