アオマツムシ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2020年4月20日 (月) 10:15時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索
アオマツムシの成虫(メス).(広島県東広島市, Sep, 2003)
  • 1989年東京赤坂で見つかって以来,各地に分布を広げている.
  • 体長23~28 mm.
  • 全身鮮やかな緑色で,オスの翅には褐色斑がある.
  • 街路樹や庭木などの樹上に生息する.
  • 年1化,成虫期8月下旬~11月.
  • 熱帯アジアから進入してきた昆虫だと考えられる.