アオダモ

提供: 広島大学デジタル博物館
2020年9月2日 (水) 12:26時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版 (→‎引用文献)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > アオダモ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

アオダモ Fraxinus lanuginosa Koidz. f. serrata (Nakai) Murata

シノニム

  • Fraxinus lanuginosa Koidz. var. serrata (Nakai) H.Hara
  • Fraxinus sieboldiana Blume var. serrata Nakai

その他

  • Fraxinus lanuginosa Koidz.(s. lat.)(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > モクセイ科 Oleaceae > トネリコ属 Fraxinus

解説

  • 堀川ほか(1959)及び堀川・佐々木(1959a)は「三段峡及び八幡高原」で,F. sieboldiana に対してコバノトネリコの和名を用いているが,これはF. lanuginosa とすべきであろう.
  • 井上ほか(1994)はアラゲアオダモ(ケアオダモ)を東郷山から報告しているが,広島県では,葉柄や芽の鱗片に粗毛のあるケアオダモ(var. lanuginosa)から無毛のコバノトネリコ(f. serrata)まで変異が多く,両者を明確に区別するのは困難である.ここでは,広義に扱い,和名は一般的なコバノトネリコを用いたい.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,中国山地のブナ林域に主として分布し,吉備高原面や沿岸部では稀で,島嶼部では大崎下島の一峰寺山の海抜420 mでわずかに見られる.

産地

天然記念物

標本

  • 臥竜山(yw-7384),三段峡(yy-7908),湯来町大峯山(yy-10919),吉和村もみのき森林公園(ts-91),東郷山(hbg- ),野呂山(mt-11804),大崎下島(yy-12441),布野村女亀山(yw-5294),神之瀬峡(hh-8494),大万木山(rn-7437),猿政山(ts-910914),比婆山(yy-9583),油木町阿下川(yy-13385),口和町常定(hn-339)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • コバノトネリコ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 43900

文献(出典)

引用文献

インターネットリソース



広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる