アイグロマツ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年1月7日 (月) 14:55時点におけるUchida (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > アイグロマツ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

アイグロマツ Pinus x densi-thunbergii Uyeki

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 裸子植物亜門 Gymnospermae > マツ科 Pinaceae > マツ属 Pinus

解説

アカマツとクロマツの雑種で種々の中間段階が見られる.Kondo et al.(1989)によれば,広島県及び山口県の沿岸部では松林の51.4%がアカマツ,28.9%がクロマツ,19.7%が雑種で構成され,マツノザイセンチュウによる枯死率はクロマツが35%,アカマツが20%,雑種が18%である.したがって,広島県の沿岸部ではアイグロマツが増える傾向にある.

  • 常緑針葉高木.
  • アカマツクロマツが近接して生育する場所で見られる自然雑種.
  • 典型的なものでは,幹の基部がクロマツのようにやや曲がり,幹の上部がアカマツの様に赤くなる.
  • クロマツに近いものをアイグロマツ,アカマツに近いものをアイアカマツ,ちょうど中間的なものをアイノコマツなどとよぶ場合もある.
  • 雑種になると,松枯れ病に強くなる傾向が見られ,瀬戸内海の沿岸部ではよく見られる.

花期

  • 4-5月.

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 府中町水分峡(mt-6309),黒瀬町大多田(mt-8724),川尻町野呂山(hh-6079),倉橋町室尾(hh-7054),安浦町塩谷(mt-11917),廿日市市可愛川(mt-13333).

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • アイノコマツ
  • アカクロマツ
  • アイアカマツ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 08990
  • 雑種
  • 種小名のdensi-thunbergiiは,アカマツとクロマツの種小名に由来.
  • 命名者は植木秀幹(うえきほみき,1882-1976). Uyeki(1926)にアイグロマツ(Pinus densi-Thunbergii Uyeki)として記載されている.

文献(出典)

引用文献

インターネットリソース


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる