クヌギ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
Quercus acutissimaから転送)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > クヌギ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

クヌギ(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Oct. 7, 2016)
クヌギ(広島県東広島市鏡山 広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 29, 2017)
クヌギの葉.葉裏は緑色で光沢がある.(広島県東広島市鏡山 広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 29, 2017)
クヌギ(果)(広島県東広島市鏡山 鏡山; 撮影: 垰田 宏, Sep. 16, 2007)
クヌギの堅果(右)と殻斗(左)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Oct. 7, 2016)
クヌギの堅果と殻斗(広島県東広島市鏡山 広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Dec. 13, 2016)
クヌギの樹皮(広島県東広島市鏡山 広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)
鋸歯の比較.左から,アベマキ,クヌギ,クリ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 29, 2017)

目次

クヌギ Quercus acutissima Carruth.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ブナ科 Fagaceae > コナラ属 Quercus

解説

  • クヌギの葉裏は緑色で光沢があるが,アベマキは毛があり白い.アベマキの樹皮はコルク層がよく発達している.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 吉備高原面に主として分布,中国山地や沿岸部,島嶼部にも少し見られる.広島県ではクヌギはあまり多くなく,アベマキが多い.

産地

天然記念物

  • 芸北町天「西八幡原のクヌギ

標本

  • 広島市白木山(yw-3168),府中町多家神社(yw-2086),海田町日浦山(hh-6622),総領町木屋(yw-6637),三良坂町長沢(ts-21092),熊野町石岳山(yw-10260),大崎下島(yy-12433),極楽寺山(yw-9642),沼隈町横倉(sf-3504),福山市高島(sf-38519,甲山町男鹿山(ns-962),倉橋島(sy-568),口和町常定(hn-417),尾道市浄土寺山(yk-1166),甲奴町品の滝(gi-158),三原市垣内(sf-9306)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

  • イシアベ
  • イシマキ
  • カタギ
  • ゴンドウマキ
  • ジヨーキ
  • ドングリ
  • ヒマキ
  • マキ
  • ミズアベ
  • ミズマキ

備考

  • 環境庁コード: 11840

文献(出典)

文献(引用)

  • 三次地方林業同志会. 1997. 広島県樹木方言集. -viii + 57 pp. 三次地方林業同志会, 三次.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる