Pottia intermedia

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > コケ植物(蘚苔類) > 情報 > コケ図鑑 > 蘚類 > P > Pottia intermedia

目次

Pottia intermedia (Turner) Fürnr. センボンゴケ

ノート

  • アジアからヨーロッパ,アフリカ北部,北アメリカに分布し,日本では近畿以西と四国に分布する.地中海気候に多い.
  • 日本国内の分布についてはInoue et al.(2011)が報告.
  • 人家や果実園,畑など窒素分の多い土上に生育.
  • 蒴(さく; 胞子体)を良くつける.春に成熟する.
  • 蒴歯は退化的で,ほとんどないか,痕跡的.
  • 外見は,ツリガネゴケ属Physcomitriumハリガネゴケ属Bryumに類似.蒴(さく)がないと間違いやすい.

写真

Pottia_intermedia_orang2L.jpg
センボンゴケPottia intermediaの生育状況.(写真:広島県呉市 1月19日)



Pi1L.jpg
センボンゴケPottia intermediaの胞子体.(写真:広島県呉市 1月19日)


文献


デジタル自然史博物館 / 植物トップ / コケ / データ・情報 / コケ図鑑 / 蘚類 / P にもどる