ヤマホオズキ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
Physalis chamaesarachoidesから転送)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ヤマホオズキ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ヤマホオズキ Physalis chamaesarachoides Makino

シノニム

  • Physaliastrum chamaesarachoides (Makino) Makino
  • Physalis linii Y.C.Liu et C.H.Ou

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ナス科 Solanaceae > ホオズキ属 Physalis

解説

  • 関東以西の本州,四国,九州に分布し,湿った林床に希に見られる.中国地方各県で自生記録があったが,広島県では2007年に,菅昭和が神石町で初めて本種を発見した.その後,福山市や広島市でも相次いで自生が確認されたが個体数は少なく,開花,着果状況も安定していない.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 神石町(hbg-15543),福山市(hbg-15973),広島市安佐北区(hbg-17682),湯来町(hbg-15595)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 49580
  • 環境省:EN

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる