Leptolejeunea elliptica

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

コケ図鑑 -蘚苔類写真集-

Leptolejeunea elliptica カビゴケ

クサリゴケ科 Lejeuneaceae > カビゴケ属 Leptolejeunea

  • ノート
    • 世界の亜熱帯〜熱帯に広く分布し,日本では福島県以南〜琉球んぼ低地の湿潤な渓谷に見られる.
    • 水辺に近い場所の常緑樹の葉上に生育する典型的な「葉状タイ類」のひとつ.生葉上苔類の一種.
    • 植物体から独特のにおいを発散させているので,生育していることがにおいで察知できる.
    • 絶滅危惧Ⅰ類にリストされている.
leptolej_ellip_habitl.jpg
ヒサカキの生葉上に生育するようす.(写真:高知県室戸市羽根川上流.)


leptolej_ellipt_branchl.jpg
植物体(顕微鏡写真).葉にみえる多数の黒い点は眼点細胞.


leptolej_ellip_lobl.jpg
側葉の下片は折れたたまれて袋状になる.


leptolej_ellip_bractl.jpg
花被に包まれて造卵器がみえる.


leptolej_ellip_archegl.jpg
造卵器


leptolej_ellipt_celll.jpg
葉の眼点細胞(画面では細胞内に黒い物体をもった細胞)とふつうの細胞(顕微鏡写真).

デジタル自然史博物館 / 植物トップ / コケ / データ・情報 / コケ図鑑 / 苔類 / L にもどる