カナムグラ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
Humulus japonicusから転送)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > カナムグラ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

カナムグラ Humulus japonicus Sieb. & Zucc.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > クワ科 Moraceae | アサ科 Cannabaceae > カナムグラ属 Humulus

解説

  • 雌雄異株.
  • 以前はクワ科 Moraceaeに置かれていたが,現在アサ科 Cannabaceaeとされることが多い.
  • 中部日本以北に分布するカラハナソウHumulus lupulus var. cordifoliusやセイヨウカラハナソウ(ホップ)Humulus lupulus var. lupulusは同属.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

  • 太田川,江の川,芦田川など大きな河川で大群落をなす.

天然記念物

標本

  • 新市町藤尾渓谷(yy-8134),八千代町下根(yy-5145),広島市為角(hh-3824),高宮町可愛川(mt-8976),総領町清替屋(yw-8538),三良坂町矢田(kk-1069),向島(yk-2081),府中市三郎丸(yk-2683),尾道市浄土寺山(yk-3123),福山市芦田川(sf-3233),御調町諸原(yk-3904),甲奴町品の滝(ns-2167),世羅町多田谷(ns-359),神辺町箱田(sf-10112)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 12600

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる