ヤマサナエ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
Asiagomphus melaenopsから転送)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ヤマサナエ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

ヤマサナエの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, May 21, 2016)
ヤマトシリアゲを捕食するヤマサナエの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 14, 2019)

目次

ヤマサナエ Asiagomphus melaenops

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > トンボ目 Odonata > 不均翅亜目 Anisoptera > サナエトンボ科 Gomphidae > アジアサナエ属 Asiagomphus > ヤマサナエ Asiagomphus melaenops

解説

  • 日本特産種.
  • 細身でやや大型のサナエトンボの仲間.
  • 腹部第7~9節が少し拡がる.
  • 雌雄とも胸部の2本の黒条が目立つ個体が多い.

天然記念物・RDB

  • なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

更新履歴

  • 2016.05.25 ページ作成.
  • 2019.05.18 写真追加.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ヤマサナエ | 広島県の動物図鑑 / 和名順