ウリハダカエデ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
Acer rufinerveから転送)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ウリハダカエデ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ウリハダカエデ(広島県広島市佐伯区湯来町 東郷山周辺; 撮影: 垰田 宏, Apr. 20, 2008)
ウリハダカエデ(雄花)(庄原市西城町 岩樋山; 撮影: 垰田 宏, May 10, 2009)
ウリハダカエデ(広島県尾道市 生口島 観音山; 撮影: 垰田 宏, Apr. 17, 2011)
ウリハダカエデの果実.果実に翼(よく)がある.(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Dec. 7, 2016)
紅葉したウリハダカエデ(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Dec. 7, 2016)
紅葉したウリハダカエデ(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Dec. 7, 2016)
ウリハダカエデの紅葉(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Dec. 7, 2016)
ウリハダカエデの紅葉(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Dec. 7, 2016)
ウリハダカエデの紅葉(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 向井誠二, December 7, 2004)
ウリハダカエデの落ち葉(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Dec. 7, 2016)

目次

ウリハダカエデ Acer rufinerve Sieb. & Zucc.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ムクロジ科 Sapindaceae(APG分類体系)カエデ科 Aceraceae) > カエデ属 Acer

解説

  • 落葉亜高木.
  • アカマツ林,クリ-コナラ林,ミズナラ林,ブナ林などいろいろな植生に見られるが,常緑広葉樹林には少ない.
  • 宮島の対岸の大野町の方言はシラハシといい,以前は「宮島のシラハシが紅葉したら麦を蒔け」といわれたという.
  • シラハシというのは,厳島神社の神饌に用いる箸をウリハダカエデで作るところから由来したものであろう.
  • 現在,大野町では麦作は行われなくなった.
  • 紅葉の時期はイロハモミジより遅く,11月下旬から12月上旬である.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,島嶼部の波打ち際から中国山地の高所まで広く分布する.

産地

  • 広島県廿日市市宮島町 宮島

天然記念物

標本

  • 比婆山(yy-9660),臥竜山(yy-3198),猿政山(yy-6141),広島市呉娑々宇山(yw-788),野呂山(mt-7461),吉和村中津谷(km-83031),庄原市大黒目山(yw-4917),三段峡(yw-5059),女亀山(yw-5165),吉和村十方林道(ht-83549),安芸津町三津(hh-6909),極楽寺山(yw-5978),熊野町土岐城山(mt-13548),三原市大峰山(sf-4350),口和町宮内(hn-991),生口島(sf-4563),君田村船山(yw-11545),芸北町大暮川(sy-245),倉橋町(sy-591),東城町森(hn-1400),大和町下徳良(yk-7485),神石郡三和町星居山(kk-1916),因島(yk-8202),上下町岳山(yk-8473),尾道市木ノ庄町(yk-8953),上蒲刈島(mh-11312),佐伯町中道(hh-8831)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ウリハダ

英名

広島県方言

  • アオキ
  • ウリギ
  • ウリダニ
  • ウリンドウ
  • カエデ
  • シラハシ
  • シラハセ
  • シロガキ
  • ハシギ
  • ハシノキ
  • モミジ

備考

文献(出典)

文献(引用)

  • 三次地方林業同志会. 1997. 広島県樹木方言集. -viii + 57 pp. 三次地方林業同志会, 三次.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる