関太郎

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島 > 植物観察会 | 植物

目次

関太郎 Tarow Seki

研究内容

研究業績

論文・総説・著書等

  1. 中島光博・関 太郎. 1994. 廿日市市の蘚苔植物. 廿日市市教育委員会(編), 廿日市市の生物, pp. 83-95. 廿日市市教育委員会, 廿日市.
  2. 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編). 1997. 広島県植物誌. Pp. 832. 中国新聞社, 広島.
  3. 向井誠二・坪田博美・中原美保・関 太郎・豊原源太郎・出口博則. 1999. 広島県におけるモロコシソウ(Lysimachia sikokiana Miq.)の現状とその保護について. Hikobia 13: 31-34.
  4. 半田信司・関 太郎・向井誠二・坪田博美. 2008. 宮島におけるイカリソウ属の一種Epimedium sp. の再確認. Hikobia 15: 225–230.

雑報・書評・その他

  1. 関 太郎. 1969. 宮島の今日的意義. 広島県文化財ニュース 42: 7-9.
  2. 鈴木兵二・安藤久次・関 太郎・豊原源太郎・中野武登. 1983. 広島大学キャンパス予定地の現存植生図(1975年調査). 1:3,500植生図. 広島大学理学部植物学教室植物分類・生態学研究室, 広島.
  3. 関 太郎. 1984. 越智一男氏(1909-1979)―日本の蘚苔類学発展の一礎石としての生涯. Hikobia 9: 165-172.
  4. 関 太郎. 2013 (2014). 世界遺産の島,宮島の植物. くさかや 22: 5-8. [Seki, T. 2013 (2014). Plants of Miyajima, the island of the UNESCO World Cultural Heritage. Kusakaya 22: 5-8. (in Japanese)]

学会発表(口頭)

学会発表(ポスター)

招待講演・セミナー等

その他