漢字表記からカタカナ表記へ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > 漢字表記からカタカナ表記へ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

漢字表記からカタカナ表記へ

最近,学名(目の名前)を漢字表記ではなく, 目を代表する昆虫の名前をつけて,カタカナで表記するようになりました.

例えば「鱗翅目(りんしもく)」は「チョウ目」と表し, 「双翅目(そうしもく)」は「ハエ目」という具合です.

一般の人にはこの方が,イメージしやすいのかもしれませんね. ですが,漢字を使った場合, 「鱗翅目」だと「翅にうろこ状の粉(鱗粉)がある昆虫」と言うふうに, 特徴をとらえることができます.

「双翅目」だと「2枚の(双)翅のある昆虫」ということになります.

しかし,難しい漢字が使われることもあるので, 理解しにくいこともありますが・・・.

どちらの表記方法にもよさがあるので,昆虫をより良く知るには, 両方をうまく使っていくとよいのではないかと思います.

余談ですが,「ハエ目」の中の,とある昆虫の研究者から

「ハエが代表ねぇ・・・,確かにハエの方がメジャーやけどなぁ・・・」

というボヤキにも近い声が聞こえてきました.

ひょっとしたらタガメやセミ(カメムシ目), アリ(ハチ目)などを研究している人たちの中にも, 同じことを考えている人がいるかも知れません.

目次


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > 漢字表記からカタカナ表記へ | 広島県の動物図鑑 / 和名順