植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter491

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

ヒコビアミニレターNo. 491(2018年12月17日)

 2018年12月16日の第615回植物観察会は広島市西区太田川放水路から平和大通りで行われた.JR西広島駅に10時集合,参加者49名.コース説明の後,新己斐橋を渡り,太田川放水路の塩生植物群落を観察した.塩生植物群落は夏の豪雨災害の際に撹乱を受け,堆積していた土砂がかなり流されていた.関先生から塩生植物群落の説明があり,定期的な攪乱が必要とのこと.海側にハママツナが生育し,ハマサジフクドがそれより陸側に,シオクグヨシはより安定した場所,ホソバハマアカザが流路から離れた場所に生育する.今後の群落の回復を追跡したい.河川敷から堤防にかけてヨモギエノコログサチガヤアカメガシワセンダンオガルカヤヘラオオバコススキクコなどが生育.平和大通りの植栽木を観察.ネムノキとされている樹木を確認.平和大通りの新己斐橋から西平和大橋間で,エノキケヤキアラカシクスノキイヌマキイチョウヒマラヤスギキンモクセイクロガネモチコナラタブノキ,ツバキの園芸品種,トウカエデタラヨウサンゴジュセイヨウキヅタマルバシャリンバイクヌギアメリカスズカケノキアオギリメタセコイアシラカシクマノミズキナツメノグルミウラジロガシキョウチクトウカゴノキクチナシシリブカガシダイオウショウスダジイナナメノキシナサワグルミ(以上樹木),アオスズメノカタビラミチタネツケバナオオバコシロツメクサマメカミツレメリケントキンソウ(訂正.チさん同定)などを観察.樹幹にヒナノハイゴケコゴメゴケノキシノブなどが着生していた.トクサバモクマオウと思われるものがあった.西平和大橋西詰の中国新聞ビルそばに並んで植栽されているフウ(タイワンフウ)モミジバフウ(アメリカフウ)を観察.関先生から分布や落葉の時期の違い,吉本さんからフウの漢字について説明.楓の字は,中国ではフウのことを意味しているが,日本ではカエデ類に意味が変わっている.本来,カエデ類は槭(木偏に戚)の字であるとのこと.当初鶴見橋まで歩く予定だったが,天気予報通り途中で雨が降り始めたため,12時すぎに平和公園前で集合写真を撮影して解散した.

(H. Tsubota & M. Nakahara-Tsubota 記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる