植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter477

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

ヒコビアミニレターNo.477(2017年12月17日)

 2017年12月17日の観察会は,広島県大竹市阿多田島で行われた.天気は晴れ.参加者は35名.今回の世話役は関先生の予定であったが,事情により吉野に交代した.小方港9:30発のフェリーで阿多田島に向かう.船上から普段見る機会がない宮島の南東部を遠望する.岩船岳の山頂付近にはコウヤマキが生育するが,松井先生によると1991年の19号台風で南側斜面の個体群は全て枯れたとのことである.港近くの阿多田神社にはスダジイが見られた.垰田先生にスダジイツブラジイ,その雑種のニタリジイについて説明を受ける.タイミンタチバナヒトツバツワブキ(花)などを見る.島の中腹部の道路を一周しながら観察した.トキワススキススキの両方を見比べることができた.島の南側ではイソノキノガリヤスアカメガシワコバノミツバツツジヒメアブラススキカンコノキなどがあり,植栽されたビワモウソウチクが多い.また,モウソウチクは花の跡が見られ,一部で枯死していた.ヒトモトススキトラノハナヒゲイグサなど湿地性の種もわずかに見られた.植栽されたヒマラヤザクラの花が見られ,ミヤコザサらしいものも確認された.南西部の海岸付近で昼食後,付近を観察する.ノジギク(花),ダンチクハマヒルガオツルナハマエンドウハマナデシコハマダイコンハマゴウコマツヨイグサミチヤナギなどを確認した.帰路,ヤクシソウ(花),スズメウリトキワガキジュズネノキアセビアケボノソウ(花),センリョウタラヨウタマミズキクロキクチナシ(果実),モッコクなどを見る.北西部の谷筋にはよく発達したツブラジイの二次林があり,ナナメノキモチノキクスノキなどが見られた.また,港近くの石垣で松村さんがイタチガヤを確認された.

(Y. Yoshino 記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる