植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter471

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

ヒコビアミニレターNo.471(2017年6月30日)

 2017年6月18日の第595回植物観察会は広島県世羅郡世羅町黒川明神で行われ,好天に恵まれて52名の参加者があった.黒川明神は世羅台地に更新世(今から60万~100万年前)に噴出した火山で,周辺の花崗岩地帯とは異なり玄武岩である.そのためアカマツ林の発達が悪く,アベマキケヤキの落葉広葉樹林が発達している.しかし,現状では,山麓の大部分はヒノキ植林地になっている.ヒノキ植林地の林床には,ほとんど,植物がない.垰田さんの説明では,ヒノキはもっとも耐陰性がある樹種で,下方まで葉が茂るため林内は光不足で暗くなり,植物が生えない.アレロパシー(植物の出す化学成分が他の植物の芽生えを抑制する)ではない,とのことである.暗い林内には,クモキリソウリョウメンシダナンゴクナライシダなどが散発的に見られる.ウルシの樹高15 m,胸高直径30 cm程の大木があった.これは本来の自生ではなく,漆採取のために植えたものであろう.海抜450 mあたりからアベマキコナラアカシデなどの落葉広葉樹林になる.林下にはコウヤボウキが多く,めずらしいウメガサソウがちょうど満開で,個体数も多く注目される.頂上には,1995年8月20日のヒコビア会で確認したフナバラソウがあった.シカの食害を受けているが,子苗がたくさんあった.前回見たスズサイコは確認できなかった.下山してから,前回,サギソウなどを見た湿地を捜したが分からなかった.

(T. Seki 記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる