植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter467

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

ヒコビアミニレター No. 467(2017年3月1日)

 2017年2月19日の第591回植物観察会は,呉市下蒲刈町大平山(275 m)で行われた.天気は晴れ.44名の参加者があった.当初は大平山の西側の山を目指したが,コースになっていたみかん畑を横断できなかったため急遽大平山に変更した.塩浜新開バス停前にある大駐車場に10時集合.コース説明の後,下蒲刈農村環境改善センターの前の水路に向かう.水路に沿って進み,シュロガヤツリウラギクアレチニシキソウヒメガマなどを観察.さらに市街地を進み,ホトケノザノゲシスイセンオオキバナカタバミイヌコハコベ?,オオイヌノフグリオランダミミナグサキュウリグサナズナヒメウズなど春の雑草の花がよく目立った.民家の集中する細道を進むと八幡宮(八幡神社)があり,鳥居の奥のイチョウ(胸高直径97 cm)と社叢林を見る.社叢では,ヒサカキヤブツバキアラカシナンテンネズミモチテイカカズラタイミンタチバナコジイカクレミノモッコクヒノキアリドオシイタビカズラモチノキなどを確認する.タイミンタチバナモッコクは暖地性の島・海岸の森林の重要な要素である.社叢林の高木層はアラカシコジイが優占していた.また紙垂(シデ)がつけられたモミサカキも観察した.社叢林から農道に降り,道なりに進む.途中,柑橘類の畑のそばでヤツデコナラアベマキオドリコソウ(花),カゴノキオオフユイチゴマルバフユイチゴビナンカズラテイカカズラオニヤブソテツチャノキマサキイヌマキムラサキカタバミ(花),ムベなどを見る.農道そばにパンパスグラス(シロガネヨシ)が植栽されていた.春日神社ではムクロジが実をつけていた.道路は舗装されており,時折軽トラックが行き交う.トラックの荷台には収穫の時期を迎えた瀬戸内レモンやはっさくなどの柑橘類がたくさん積まれていた.ウメ(植栽)も満開.ゆるやかな坂道が延々と続くが,道中のいたるところにはもれなく柑橘類の畑があり,個々の果実に丁寧に袋がかけられていた.農家にとって大迷惑なヒヨドリも大きな声で鳴いている.午前11時半を過ぎるころ,植物観察会一行は大平山の展望台を目指すことになった.みかん畑を抜けると,標高が上がるにつれて大平山を形成する樹木の種組成が変化していく様子がわかる.シロダモヤブニッケイカクレミノヤマモモクロキクスノキなどの常緑広葉樹が中心となり,数は少ないがソヨゴヒメユズリハも確認できた.そのほかコナラノグルミ(果実),ハゼノキヤマウルシウリハダカエデも落ち葉や果実で確認することができた.アカマツネズミサシダンチク,足元にはテイカカズラクサイチゴコシダウラジロを確認した.竹林を通過し,つづら折りになった山道を進んでいくと公園に到着する.公園の案内板と照らし合わせながら,東側の瀬戸内海を望む.非常に天気が良く,陽光を海が反射していた.その後,展望台に上がり,昼食となった.大平山は太平洋戦争時に設置された砲台跡地があった.また,山頂の公園は桜の名所として有名であるが,植栽されている桜はサクラてんぐ巣病にかかった樹が多かった.集合写真を撮影し,下山.15時前に広場に到着し,駐車場で解散した.駐車場の側に植栽されたジュウガツザクラが開花していた.道中は周りにさえぎるものがなく,始終あたたかな一日であった.

(T. Moroishi, S. Uchida & H. Tsubota 記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる