植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter406

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

ヒコビアミニレター No. 406 (2012年9月20日)

 2012年9月16日の観察会は,三次市の高谷山と常清滝で行われた.参加者は44名.高谷山霧の海展望台に10:00集合,天気は曇り.北側の林道を西に向けて歩く,路傍にヒメジソヒヨドリバナツルリンドウヌスビトハギヒメキンミズヒキツルニンジンメヤブマオハシカグサアキチョウジヤマシロギクオトギリソウダイコンソウミズヒキハナタデヤブランなどが開花中,オカトラノオヤマジノホトトギスは果実.木本はヌルデビロードイチゴヒメコウゾウリカエデホオノキコナラウワミズザクラヤブムラサキネムノキなど,法面にヒノキの稚樹が多いのは水分条件の良い花崗岩地のヒノキ造林地の特徴.この場所は県の林業試験場が間伐の試験を行っていて,やや明るい林床にはアシボソチヂミザサフユイチゴなど.旧薪炭林の広葉樹林はコナラアカシデイヌシデクリヤブデマリコシアブラダンコウバイカラスザンショウが多く,シラカシナラガシワが特徴的,尾根筋にはリョウブネジキコバノミツバツツジなど,アカマツ林の要素が残る.ガマズミコバノガマズミミヤマガマズミの紅い果実が目立つ.展望台の広場には閉鎖花をつけたセンボンヤリ.午後は常清滝に移動.入り口にはカラスビシャクカナムグラツルボトゲソバ(ママコノシリヌグイ)が咲き,渓谷にはシュウブンソウノブキミズタマソウカリガネソウの花,クマワラビイワガネゼンマイキジノオシダジュウモンジシダなど,滝の近くの高木はチドリノキミツデカエデケヤキアワブキホオノキなど.

(H. Taoda 記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる