植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter354

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

ヒコビアミニレター No. 354 (2009年6月4日)

2009年5月10日の第479回植物観察会は広島県庄原市西城町岩樋山で行われた.天気は晴.参加者は61名.道後山山の家前の駐車場に集合.月見が丘までの山腹斜面の低木や草本がきれいに刈られている.これは里山整備事業の一環ではないかと思われるが,賛否両論のあるところであろう.このため,花を楽しみにしていたツルアジサイやヤブデマリ,広島県未記録と思われるミヤマニガイチゴもなくなっていた.ヤマシャクヤクの花が咲いていて,写真撮影の競演.登山道沿いの湿地にタチカメバソウの白い花があり,ホクリクネコノメと思われる黄色の苞が美しい.これは,従来,ボタンネコノメソウとされていたが,栽培して種子を観察すると,乳頭状の突起があり,ボタンネコノメソウの低い円頭状ではない.今後の検討を要する.岩樋山ではダイセンキスミレが花盛り.その他の花は少なかった.帰途,ダイセンヒョウタンボクを見つけた.もう花は終わり,若い果実と特徴的な大きな苞葉があった.本種は吉和冠山,猿政山,比婆山に知られていたが,最近,松井健一先生が十方山で見つけた.今回も松井先生に確認してもらった.

(T. Seki 記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる