植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter345

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

ヒコビアミニレター No. 345 (2008年9月1日)

2008年8月17日の第470回植物観察会は,三原市大和町白竜湖周辺と東広島市河内町野呂の湿原(490 m)で行われた.白竜湖スポーツ村公園ドーム駐車場に10:00集合,参加者35名.現地案内の井長が椋梨ダムの建設経過と野呂の湿原について説明,湖畔に設けられた「植物の小道」を歩く.水辺に下る観察路が藪になっていたので堤上を歩く.ヤブガラシに寄生したアメリカネナシカズラが花をつけている.浅い湿地にはカンガレイが大きな群落を作り,ミソハギの赤い花が目立つ.アカマツ・コナラ林には,クリ,コシアブラ,ウラジロノキ,カキ,イヌシデ,ヤブツバキ,ヒサカキがある.ウリカエデ,エゴノキ,タカノツメに果実,リョウブ,ヌルデに花.草本ではミズタマソウが見頃,ヤワラシダ,シケシダ,イワヒメワラビが林床に,コタニワタリが渓流の石垣上に1株,ノギラン,ナガバタツツボスミレは果実,日なたには帰化植物のメリケンムグラが咲く.車道沿いの林縁にはバイカイカリソウ,コバノガマズミ,ヤマコウバシ,コツクバネ,コウヤボウキ,クマヤナギ,アテツマンサク等.ヒノキ林下にミヤコザサがある.午後は野呂に移動して,水田跡のオオミズゴケ湿原へ,キセルアザミ,サワシロギク,サワヒヨドリ,サワギキョウ,ヒメシロネ,ムカゴニンジン,アギナシ,ヤマトミクリ,コマツカサススキ,コガマ等が開花,周辺部にはウメモドキ,サクラバハンノキがあった.

(H. Taoda 記)

旧サイトは,397件のアクセスがありました.

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる