植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter339

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

ヒコビアミニレター No. 339 (2008年2月27日)

2008年2月17日の第464回植物観察会は呉市安浦町女子畑茂助山(434 m)周辺で行なわれた.野路東小学校に10:00集合,参加者42名,曇り空に雪が舞う寒さであった.山麓までの自動車道では植物の冬越しを観察する.ナズナ,スイバ,ノアザミ,オオアレチノギク,ノゲシなどがロゼット葉を地面に密着させている.ナズナ,タネツケバナが咲きはじめ,一度咲いたシロバナタンポポ,ホトケノザの花が閉じ,ヤクシソウの残り花があった.山麓の椎森大歳神社で常緑樹を見る,名のとおりツブラジイが多く,シリブカガシ,ツクバネガシ,モミ,モッコク,ソヨゴ,アセビが見られる.標高180 mあたりから,マツ枯れ被害を受けたアカマツ林に入る.ウラジロやコシダにおおわれた土壌は薄くて保水が低く,廃道のあちこちでぬかるみとなっている.ヤブツバキ,ネズミモチ,ヒサカキ,カクレミノ,カナメモチなど樹高の低い樹に混じり,果実を付けたノグルミが目立つ,ヤマモモも多いが植栽起源かもしれない.ギンリョウソウモドキ,クロバイがあったそうである.黒瀬町へ抜ける峠から茂助山山頂へは道がないため東側の小山(392 m)に登り,瀬戸内海を眺めながら昼食.送電線の巡視道をたどって,南西に下る.歩きやすい道だが,植生は単調.山麓の畑の周囲はイノシシよけの柵が張り巡らされている.車道沿いにウラジロガシ,シリブカガシ,カナメモチ,クロキが樹林を作り,林床にはテイカカズラとイタビカズラが目立つ.法面にミズスギが胞子嚢穂を出していた.

(H. Taoda 記)

旧サイトは,495件のアクセスがありました.

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる