東広島キャンパスの動物

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物

目次

東広島キャンパスの動物一覧

鳥類

広島大学東広島キャンパスでは2013年現在,11目27科55種の野鳥が観察されている(新名・谷口 2013).詳細は,「東広島キャンパスの鳥類相」を参照.

爬虫類

東広島キャンパスでは,13種の爬虫類の生息が確認されている.

両生類

東広島キャンパスでは,7科10種の両生類の生息が確認されている.

魚類

昆虫

カゲロウ目

  • ヒメトビケラ

カメムシ目

コウチュウ目

チョウ目

東広島キャンパス内では,5科65種のチョウが観察されている.

アゲハチョウ科

シロチョウ科

シジミチョウ科

タテハチョウ科

セセリチョウ科

その他のチョウ目(いわゆる,「ガ」の仲間)

マダラガ科

イボタガ科

バッタ目

バッタ科

キリギリス科

トンボ目

東広島キャンパスでは,約56種類のトンボが確認されている.

モノサシトンボ科

イトトンボ科

ヤンマ科

サナエトンボ科

トンボ科

甲殻綱(甲殻類)

鰓足綱

腹足綱(巻貝)

備考

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物