瀰山原始林

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
弥山原始林から転送)
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > 広島大学 > メインページ > 広島県の地理 > 厳島の地名 > 瀰山原始林

瀰山原始林

  • 広島県廿日市市宮島にある天然記念物
  • 厳島神社から弥山にかけて広がる森林.
  • 世界遺産の一部.
  • Misen Primeval Forest in Miyajima (Itsukushima) Island, Hiroshima Prefecture, SW Japan is designated as a national Natural Monument in 1929 as well as a World Heritage Site together with Itsukushima-jinja Shrine in 1996.

説明

弥山原始林の説明板(撮影: 坪田博美.Dec. 26, 2018)

弥山原始林

大正2年にベルリン大学教授のアドルフ・エングラー博士が宮島を訪れ弥山に登山した際,ヤマグルママツブサなど植物系統学上の貴重な植物を見て,大いに感激した.この世界的な植物学者は「私は,できるならば一生ここに住んでここで死にたい」とまで弥山の植物を激賞したと伝えられている.彼の強いすすめで,三好学博士が天然記念物の指定を進言し,昭和4年に国指定,昭和32年には特別保護区になった.面積は158.7ヘクタールに及び弥山の北斜面を占める.ツガ林とアカガシウラジロガシツクバネガシなどを伴うアカマツ林から構成され,西南日本の暖帯から中間帯を代表する森林で,瀬戸内海の島に残る極相林として貴重な存在である.

現地の看板より(2018年12月26日確認,誤字一部訂正)

デジタル自然史博物館 > 広島大学 > メインページ > 広島県の地理 > 厳島の地名 > 瀰山原始林