宮島の爬虫類

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の爬虫類 > 宮島の爬虫類 | 広島県の動物図鑑 / 和名順


ニホンヤモリ成体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Feb. 27, 2016)
ニホントカゲの成体(オス)(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Apr. 26, 2016)
ニホンカナヘビの成体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Jun. 19, 2016)
シマヘビの成蛇(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Jun. 3, 2016)
ヒバカリの成蛇.首のあたりに黄色い模様がある.(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Jun. 22, 2014)
ニホンマムシ(広島県廿日市市; 撮影: 池田誠慈, Jul. 15, 2015)

目次

宮島の爬虫類

ニホンヤモリ成体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Feb. 27, 2016)

広島県廿日市市宮島町(旧佐伯郡宮島町)では,以下の爬虫類が確認されている.

解説

ニホンヤモリ
民家などに定着している.山地や海岸の岩場でも確認されている.
ニホントカゲ
日当たりの良い岩場や山道周辺,民家の庭先などで観察できる.
ニホンカナヘビ
日当たりのいい,少し乾いた草地などで見かけることができる.
シマヘビ
情報収集中.
ヒバカリ
情報収集中.
ニホンマムシ
市街地ではあまり見ないが,それ以外の場所では不意に遭遇することがあるので注意.

備考

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の爬虫類 > 宮島の爬虫類 | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる