宮島のカエル

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 宮島のカエル | 広島県の動物図鑑 / 和名順

タゴガエル成体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 坪田博美, Jun. 27, 2014)
ツチガエル成体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Jun. 15, 2015)
トノサマガエル(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Jun. 15, 2015)
シュレーゲルアオガエル成体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, May 5, 2015)
ウシガエルの成体(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Mar. 24, 2016)


目次

宮島に生息するカエル

トノサマガエル(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 田守泰裕, Apr. 8, 2016)

広島県廿日市市宮島町(旧佐伯郡宮島町)では,以下の8種の生息が確認されている.

在来種(7種)

外来種(1種)

解説

ニホンヒキガエル
情報収集中.
ニホンアマガエル
情報収集中.
タゴガエル
宮島島内の低地から山にかけての沢沿いで観察できる.
ヤマアカガエル
情報収集中.
ツチガエル
宮島島内の低地から山の水辺などで観察できる.一部の幼生(オタマジャクシ)が越冬することも確認されている.
トノサマガエル
情報収集中.
シュレーゲルアオガエル
宮島島内の4~6月の繁殖期に低地の水たまりで観察できる.
ウシガエル
情報収集中.

備考

関連ページ



広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 宮島のカエル | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる