レモン 植物園・生態実験園

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > レモン

レモン(品種:リスボン)の若い果実(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Aug. 4, 2017)

目次

レモン(広島大学植物園の植物)

和名

  • レモン

学名

  • Citrus limon (L.) Osbeck

シノニム

分類

  • ミカン科 Rutaceae

分布

  • ヒマラヤ東部原産

広島大学植物園での花期

特徴

  • ミカン科の常緑低木.
  • 果実は最初緑色だが,熟すと黄色になる.
  • 地植えでも育つが,鉢植えでも早期に収穫できるようになる.
  • リスボンやユーレカ,ビアフランカ(ビラフランカ)などの品種がある.広島大学植物園では,リスボンを鉢植え栽培している.
  • 寒さに弱いため,冬季に温暖な地方での栽培が適している.広島県の島しょ部は適地であり,有名な産地となっている.

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > レモン