ヨツバヒヨドリ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ヨツバヒヨドリ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ヨツバヒヨドリ Eupatorium chinense L. subsp. sachalinense (Fr.Schm.) Kitam. ex Murata

シノニム

その他

  • Eupatorium chinense Linn. ssp. sachalinense (Fr.Schm.) Kitam. ex Murata(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > キク科 Asteraceae(Compositae) > ヒヨドリバナ属 Eupatorium

解説

  • 渡辺(1981)はヨツバヒヨドリの変種とされているハコネヒヨドリの実体もはっきりしないので,ヨツバヒヨドリとして一括してあつかうと述べている.
  • 矢原(1989)は北海道・本州西部・四国にはヨツバヒヨドリとヒヨドリバナ倍数体との雑種が分布すると述べている.
  • ここではこれらをすべてヨツバヒヨドリとして扱う.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,中国山地の高所に分布し,草原や林縁に生育する.
  • Horikawa(1972)の分布図では本州中部以西には分布していないが,渡辺(1981)はHorikawa(1972)の分布図に加筆して,山口県までの本州西部と四国に記録している.

産地

天然記念物

標本

  • 芸北町荒神原(mt-6510),千代田町猿喰山(mt-17105),佐伯町羅漢山(mt-960818),比婆山(yw-5302)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ヨツバヒヨ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 57720

文献(出典)

  • 国信・佐藤 1931(ヨツバヒヨドリ),広島県民の森 1972及び山下1977(ホソバノヨツバヒヨドリ,ハコネヒヨドリ var. hakonense (Nakai) Kitam.),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

引用文献

  • Horikawa, Y. 1972. Atlas of the Japanese Flora. 500 pp. Gakken, Tokyo.
  • 渡辺邦秋.1981. ヒヨドリバナ-倍数性と地理分布-.田村道夫編,日本の植物.pp. 166-189. 培風館,東京.
  • 矢原徹一.1989. ヒヨドリバナ.小野幹雄・大場秀章・西田 誠編,改訂増補牧野新日本植物圖鑑.p. 738. 北隆館,東京.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる