モノサシトンボ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > モノサシトンボ

モノサシトンボ成虫(オス).腹部の節が目盛りに見えることからこの名前が付けられた.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul 21, 2017)
モノサシトンボ成虫(メス).ため池周辺でよく見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, May 30, 2016)

目次

モノサシトンボ

和名

学名

  • Copera annulata

分類

  • モノサシトンボ科 モノサシトンボ属

分布

  • 北海道,本州,四国,九州

解説

  • イトトンボの仲間(均翅亜目,イトトンボ亜目)だが,イトトンボ科のものより大きい.
  • ため池周辺でよく見られる.

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > モノサシトンボ