ムベ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ムベ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ムベ Stauntonia hexaphylla (Thunb.) Decaisne

シノニム

その他

  • [= Rajania hexaphylla]

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > アケビ科 Lardizabalaceae > ムベ属 Stauntonia

解説

暖地の山地に生育する常緑のつる性植物.日本から,朝鮮半島南部,台湾に分布する.日本では本州(関東地方以西),四国,九州,琉球に分布する.葉は掌状複葉で,革質で光沢があり,展開時は黄緑色,展開し終わると濃緑色になる.葉は長楕円形から卵形の3-7枚の小葉からなり,小葉は長さ5-10 cm.花は4月中旬から5月下旬に開花し,香りがある.雌雄異花で,総状に3-9個つき,基部の1-2個が雌花,残りが雄花.雌花の方が一回り大きい.花弁は持たないが,淡黄色で先が尖り,背曲する6枚の萼(がく)片が大きくなり,一見花弁のように見える.果実は液果で,長楕円体,3-10 cmの長さになり,秋に成熟すると外皮は紫色になる.中身は白く,黒い種子を多く含む.アケビやミツバアケビと異なり熟しても裂開しない.一般には食用としない(果肉は甘く食用とする場合もあるとのこと).棚仕立てなどにして,緑陰樹として利用されることがある.

アケビやミツバアケビに似るが,常緑性であること,萼片が6枚(アケビは3枚)で果実が裂開しない点で区別できる.

広島県では非常に個体数・生育地ともに多いが,京都府など常緑樹林の伐採が生存に脅威であるとして,県のRDBで準絶滅危惧種に指定されて所がある.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 本郷町爆雪滝(yy-10392),西能美島(yy-6449),宮島(ts-1743),広島市筒瀬(yw-2845),府中町水分峡(yw-1979),三原市仏通寺(yw-1322),呉市灰ヶ峰(mt-7224),野呂山(mt-8279),海田町日浦山(hh-6618),安芸津町三津(hh-6884),極楽寺山(yw-6030),三原市大峰山(sf-4291),因島(yk-4803),府中市石垣(yk-6177),河内町竹林寺(yk-6602),上蒲刈島(mh-11310),福山市北山(sf-9154)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • トキワアケビ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 19230

文献(出典)

  • 呉市教育委員会(1969),関ほか(1975),土井(1983),鈴木・吉野(1990a),渡辺ほか(1996),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる