ミヤマシキミ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ミヤマシキミ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ミヤマシキミ Skimmia japonica Thunb.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ミカン科 Rutaceae > ミヤマシキミ属 Skimmia

解説

  • シキミという名前がついているが,シキミとは別のミカン科の植物.
  • 全草および果実は有毒.成分はアルカロイドのジクタミンなど.
  • 多雪地帯に分布するツルシキミは,ミヤマシキミの下位分類群.
  • ミヤマシキミとの中間型もあるが,ツルシキミの幹は地上をはい,あまり枝分かれせず,葉は短くて幅が広い.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,吉備高原面に主として分布し,とくにモミ-ツガ林に多い.稀に果実が白いものがある(湯来町冠山,ts-891203; 冨沢由美子 採集).

産地

天然記念物

標本

  • 美土里町上平山(yy-9472),戸河内町打梨(yy-9885),広島市鎌倉寺山(yw-548),府中町水分峡(hh-5541),野呂山(mt-7450),湯来町阿弥陀山(hh-5873),宮島(ts-2283),大野町経小屋山(mt-11910),加計町五輪山(km-4598),福富町竹仁(km-5023),極楽寺山(yw-5994),熊野町原山(yw-10335),御調町大塔(yk-3752),君田村櫃田(km-7355),豊栄町天神嶽(mt-16102),神石郡三和町時安(sf-895),甲山町今高野山(ns-1494),三良坂町沖江(kk-1534),尾道市原田町(yk-4869),河内町竹林寺(yk-6606),本郷町用倉(yk-6637),御調町菅野(yk-7347),三原市八幡町(sf-146),総領町黒目(hh-8104)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 31730

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる