ミヤマエンレイソウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ミヤマエンレイソウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ミヤマエンレイソウ Trillium tschonoskii Maxim.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > ユリ科 Liliaceae > エンレイソウ属 Trillium

解説

  • 河毛(1974)や大久保(1989)に記録があったが,標本がなかったため本編では未確認種とされた.県北東部では比較的広範囲に生育が確認されているが,今のところ県西部では確認されていない.自生地によっては,開花後徐々に花被片が紫色を帯び,ムラサキエンレイソウ(f. violaceum)に近い型にあたる個体が混生する.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 東城町(hmn-t-3998),神石町(hbg-15641; ムラサキエンレイソウ型),三和町(hbg-18688)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード:63860
  • 広島県RDBカテゴリ: 準絶滅危惧(NT)

文献(出典)

  • 河毛(1974),江塚・松本(1985),吉川(2002),広島市植物公園(2004),広島県東城町植物誌編纂委員会編(2004),世羅ほか(2010)

引用文献

  • 河毛(1974),大久保(1989)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる